(声)沙琴さん

「 魔法の杖で 目の前の壁を ガツン!と 割られた感じ... !!!」

 

真紀先生のカウンセリングは、いつも私や 周りに 劇的な変容を起こさせてくれますが、
一番衝撃を受けたのは、子育てに悩んでいた時のカウンセリングでした。
  
  
当時、 私は 初めての育児ということもあり、3年前に 息子を出産した直後から
『 頑張って 良いお母さんにならなければ...』と、気合い十分に意気込んでいました。
しかし、実際には理想どおりにはいかないことが しばしば...
子どもの自我が芽生えてきはじめると、たった3歳の..
まだ会話もおぼつかないような息子と本気で衝突し、二人で泣き叫び、
疲れ果ててしまうような 日々が待っていました。
  
  
それは、自分が理想としていた育児とは かけ離れた現実で、
今日こそは 頑張ろう!と努力するものの、やっぱりどうしても 上手くいかず、
自分の未熟さと 息子への罪悪感で 自責の念にかられる毎日。
  
  
ついには、自分には 育児をする資格が無いのではないか...
息子のためには 私が居ない方がいいのではないか...
と本気で考えるほど 追い詰められていました。
  
  
そんな時、受けたのが 真紀先生の 電話カウンセリング。 


カウンセリング、、というもの自体 初めての経験でしたが 想像とは少し違って、
真紀先生は 何かを指導する訳ではなく、ただただ ずっと優しく 話を聴いてくださっていました。
最初は私も 今の現状を憂うような事を 話していましたが、だんだんと 真紀先生が 現状ではなく、
私の心の 深いところにまで 話を持っていってくださる感覚になり、
  
  
そのうちに、ああ、、私はずっと 【完璧なお母さん】になろうと必死だったんだなあ...
と気づくことが出来ました。
   
  
そうして 真紀先生から『 じゃあ どうして、 完璧なお母さんに なりたかったんかね?』
と、訊かれた時・・・本当に、今まで 目の前に 立ちはだかっていた
大きくて厚くて重たーーい 【壁】が 先生の一撃で ガツンと 割れて 文字通り、
音を立てて ガラガラと崩れていくような感覚に・・・!!
  
  
『 ああ、そうだった... 私が ずっと望んでいたのは 《 息子が ずっと 幸せで居て欲しい 》。。。
ただ、それだけだった...!! 』そのことに気づいた時、
自分でも あまりにビックリし過ぎて、もう 何も言葉も出ず
身動き一つ取れなくなり、自然と 涙が頬を伝っていました。
  
  
そして 自分自身が、幼少期、母との関係が上手くいかず とても悲しい想いをした経験から、
出産した時には、『この子には 絶対に 自分のような想いはさせてはいけない』と
強く思っていたことを思い出しました。
  
  
それは、つまり、息子には ずっと《幸せ》でいて欲しい、という想いだけだったはずなのに、
いつの間にか、息子の幸せ ... → 理想の母親... → 完璧なお母さん 、と 変わってしまい、
最近は【自分自身が 完璧でないことへの 苛立ち】になっていたのだと
瞬時に理解することが出来ました。
  
  
そうなると、本当に不思議 ...
   
  
息子の幸せは、私が完璧であることでもなく、
ましてや 私が居なくなることでも無いことは 明白で、、、
さっきまで 本気で 息子の前から姿を消そうかと思っていた自分のことが
何だか可笑しくなって 泣きながら笑ってしまいました。
  
  
その後、すっかり肩の力が抜けた私は、生まれ変ったように
毎日楽しく子どもと向き合えるようになりました。
【私の望み=息子の幸せ】 だと思い出すことが出来たお陰で、
自分自身が 完璧じゃないことも あまり気にならなくなりました。
そして 当たり前ですが、母親が 笑顔だと 子どもも すごく幸せなんだなあ〜,,,
ということも 実感しています。

   
ほんの数ヶ月前までは、目の前が真っ暗で...
この先どうなるのか 不安でいっぱいだった頃を思い出すと、
本当に嘘みたいな気持ちですが、人生、シンプルで当たり前のことこそ
自分では 全然 気づけないものなのかも知れません。
  
  
本気で 私のことを想い 助けてくださった真紀先生には 心から感謝しています。
これからも 息子共々 どうぞ宜しくお願いいたします*
  
  
* * *
   
  
追伸:後日談として・・・ 


この感動と 私の変容の話を
家族や周りの人達に報告すると 何と驚くことに..
 
 
「え!! 完璧じゃなくてもいいんだよって 俺、いつも言ってたじゃん!」
(by 夫)
 
「私も、子どもが幸せなら いいんだよって いつも言ってあげてたのに!」
(by 友人)
 
 
など..
 
 
ずっと以前から 私の気づきと同じような アドバイスをしてあげていた!
と 皆 口々に 主張するのです!!しかしながら、残念ながら 私の心には
全然 響いていなかったのでしょう。。。全く覚えていませんでした^^;;
     
     
そういう訳で、現状を変えるのには【正解】が必要なのではなく、
正解を【自ら導き出すこと】が 大事なのだという
真紀先生のお言葉が よく理解できました!!
 
 
いくら正論を言われても、心が 自分から納得できないと知らないのと同じことなんですね^^