しあわせのたねまき塾

「しあわせのたねまき塾」が生まれたきっかけ

しあわせの一番の鍵は
「コミュニケーション能力を高めること」

「何気ない日常生活を楽しむ」
2005年の開店当初より掲げているコンセプトです。

このコンセプトを通じ、モノや企画を通して
「日常生活を楽しむ」を発信してまいりました。

雑貨屋の経営をしながら
「モノと心の深い関連性」について実感していき、
それが確信に変わった時、

「キャリアコンサルタント」の世界に出逢いました。

体の健康はもちろん大切ですが、
"何気ない日常生活を楽しめる「心」が健康でなければ、
楽しむことができないのではないか"

これまでの雑貨屋経営の中で、
しあわせの一番の鍵は「コミュニケーション能力を高めること」
だと実感しました。コミュニケーション能力を高めることの
一番の利点は、心の安定や幸福感が得られることにあります。

気持ちを伝え合う温かい対話ができるようになると、
互いの心の距離が近づいて、つながりが強くなり、
安心感や充実感で心が満たされるようになるからです。

人の数だけ価値観がある世界でそれを叶える方法が、
「相手に寄り添い」「相手を支え」
「そのままの相手を理解しようとする」話の聴き方

傾聴(けいちょう)です。

さらには、アメリカで誕生した
「自分と相手を大切にする自己表現技法・考え方」

アサーションです。

いずれも「受け止める」と「伝え方」 のバランスをとることによる
「自分も他人も尊重するコミュニケーション方法」 であり、
コミュニケーションに於ける「魔法の杖」といえます。

受験科目を学びながら、「継続して幸せを実感できる鍵」を
自身の苦しい体験の中より見つけ、 

新たな切り口から、
当店のコンセプト・役割を果たしていけることにも気が付きました。

2005年に個人事業からスタートし、その5 年後には会社となり、
社会の中での自分の役割について強く意識し、
さまざまなチャレンジをしてきました。

そしてこの度、専門家としての知識や経験、
安心していただける資格を身につけることにより、
これからは、カウンセラー「聴くプロ・心の対話者」として
公私共に、人の気持ちを聴き、人の価値観を受け入れ、理解に努める
傾聴(けいちょう)を持って、安心感を渡し続けたい、
「しあわせの連鎖」を作る発信地になりたいと思いました。

少し意識することで、
誰でも気軽に日常に取り入れることのできる
コミュニケーション能力を磨くための
基本的な「傾聴スキル」を伝えていきたいと思いました。

コミュニケーションの幅が広がり、
傾聴がしっかりできるようになると、
人との関係性が驚くほど「自然に」良くなったり、
聴くことへのストレスが減り、
人間関係に対する苦手意識がなくなったという人もいます。

心の健康を保つ幸せの支援をさせていただく為に、
しっかりとお役にたてる「心の対話者」をめざし、
カウンセラーとしてしっかりお手伝いさせていただきながら
日々自分の内面を見つめ、他者を大切にし、
良い人間関係を築いて、自ら幸せの発信地になる絶え間ない努力を
私自身も存分に楽しんでいこうと思っております。

あくまでも「自分が楽になる」という方法を基本に、
専門家として しあわせのお手伝いをさせて頂きたいと思ったのです。

こうして、「しあわせのたねまき塾」が幸せに誕生いたしました。