お客様のお声(しあわせのたね教室)

お客様のお声を紹介

マキ先生


この度は本当に素晴らしい2日間と、
素敵すぎる皆様との出会いの機会をお与えくださり、
ありがとうございました。


小さい頃から何不自由なく生活させてもらい、
愛情もたっぷり注がれて育ってきたにも関わらず、
いつも心の中にあったモヤモヤ。


大切にされている事への感謝がいつの間にか
「感謝しなければいけない」という義務になっていました。
心の底から「ありがとう」と思えないのって、本当に辛いことですね。


自分の中にずっとずっと居座っていた「罪悪感」と満たされない気持ち。


私は母にたった一言「よく頑張ったね。あなたはそのままで合格よ」
って言って欲しかっただけなんです。


小さい頃、母がいない時、部屋をきれいにしました。
帰ってきた母は「置き場所は変えないで」と言いました。


料理本を見ながらアレンジした肉じゃがを作った時もそう。
「これはこれで美味しいけど、肉じゃがではないわね。」・・・・・・・・・。


変化を好む私はいつも変り者と笑われ、
その度に少しづつ心の傷が大きくなって、
もう傷つきたくなくて母の言う通りの人間になるようにしました。


ただ認めて欲しかっただけなのに。

自己啓発の本も、カウンセリングの本も
ものすごい数読みました。でもどれもしっくりこなくて・・。


そんな時思い切って「たねカウンセリング」を受け、
マキさんに話を聞いてもらって、


こんな考え方で人生が変わるんだ!って衝撃でした。

私は、大学卒業後就いた職場に20年以上勤務しております。
結婚、出産、子育てを経験しながら、約5年周期で転勤がある社訓にも順応してきました。


そんな中、まだ3年半しか勤務していない現在の勤務地から突然の転勤を告げられました。
今までと違う周期の転勤に、いろいろな悪い想像が頭を巡り、
翌日はショックのあまりお休みしました。


どうして良いのか解らない中、ひたすら、「しあわせのたね教室の教科書」と、
先生よりご紹介いただいた本を読んでいるうちに、不思議と気持ちが晴れてきて、
前向きに「転勤」を受け止めることができるようになった自分に驚いております。


来週より新しい勤務地に移りますが、ネガティブな気持ちより、期待でいっぱいです。
これまでの私には出来なかったこと。


もともと人に相談できない私が、こんな前向きな決断ができたのは
「しあわせのたね教室」のお陰です。本当に感謝しております。
まだまだですが、この教科書があれば無敵な気がしております。

  • 1