まきんこ日記*14周年限定アイテム【宮島御砂焼もみじ香炉】のご紹介です! 





.jpg

こんにちは~♪
今日の日記を担当させていただきます♪



今朝、facebookでご案内させていただきましたが、



65296639_2253025098115791_2207381571147661312_n.jpg

6/23発売 広島の情報誌【Wink7月号】でも
コラムを書かせていただきました♪




94ページです(笑)



そして!154ページで



【読者プレゼント】のお手伝いも
させていただきました♪





この度は、



先月開催の【お宝マルシェ】について
書かせていただきました!

0530_tanemarche.jpg

改めて 良いテーマだったなぁ
と、懐かしく思い出しております。



なんと!!



同性の同業者様より、


「今回のコラムに共感しました!
いつもコラム読んでます!
会いたいです!」


というご連絡をいただきました(◎ ◎)




すごく嬉しくて(T_T)



でも・・



コンパでもないのに
ドキドキしてます(笑)




「人との出逢い」「つながり」って、
どこから生まれるか解りませんね。





このコラムコーナーは、
驚くほど読者様が多く、




これまでもたくさんの反応を
いただけておりますm(__)m



見ず知らずの方や、ご近所さん
そして疎遠になっていた同級生から



「コラム読んでますよ」



とお声をかけていただくことが
驚くほど多いのです\(◎o◎)/!



いただけている、ありがたい機会を
これからも一生懸命つとめさせていただきますm(__)m




宜しければ、お手にとって
お読みいただけると嬉しいですm(__)m




それでは、今日の日記もスタートです!




どうぞ宜しくお願いいたします!!!









logoaaa.jpg

本日 ご案内アイテムはこちら!





\宮島御砂焼もみじ香炉です!/

27882828.jpg




世界遺産宮島厳島神社の砂を使い
製作された広島伝統工芸品
宮島御砂焼き





宮島御砂焼もみじ香炉
8,100円(込)
 Tanemaki×川原圭斎窯
宮島御砂焼(陶器) お箱入り
お香立て、Tanemakiオリジナルロゴ付き蚊取り線香置きつき


お香、アロマキャンドルをはじめ
蚊取り線香もお使い頂ける香炉を、厳島神社御用窯で
ある川原圭斎窯さんに製作いただきました。
焚くときの「蚊取り線香置き」「スティックお香立て」も
全て宮島焼で製作いただいた、こだわり。
もみじの型どりは全て陶芸家の川原さんが
一つずつ、くりぬいて下さっています。
1781年天明・寛政の時代より代々受け継がれる
歴史ある縁起の良い焼き物で、日常をしっかり
お楽しみくださいませ。






\ セット内容はこちらです♪ /201906248895.jpg




\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!




.jpg

安い!
安すぎるでしょ!!




私の感想はこれに限ります。



私実は、OL時代、
ずっと陶芸教室に通っておりました!
贅沢にも、備前の土も触らせていただき、
食器、香炉、ランプなど・・



ヘタクソながらも
陶芸を楽しんでいた頃がありました!



なので、一つの作品をつくるのに
どれだけ手間暇かかるのか、
よ~く存じ上げております。



ましてや!



201906232.JPG

今回の香炉は、
もみじをくり抜いてある・・。



1つ1つ丁寧な手作業で。
くりぬく時も、釉薬をつける時も、焼く時も、
全てに於いて神経を使います。



歴史ある
広島を代表する窯元様に
わざわざ作っていただける オリジナルのお品。



14周年記念アイテムに相応しい!
価値ある逸品だと思います!!!










20190624556.jpg

セット内容の中のこれ!

↓↓↓


IMG_2325.JPG
IMG_2324.JPG

↑↑↑

涙でそうなくらい
かわいくないですか!?











実はこの香炉、
川原さんのアトリエへお邪魔した際、



(別のデザインのもので)
線香を焚かれていたのです。



入った瞬間、すごく心が落ち着き、
気に入ったものですから



早速、デザインや土色などの注文をさせていただき
私用に作っていただくことにしたのです!



201906248899 (1).JPG

↑↑ それが これです!



2019062480 (1).JPG
2019062480 (3).JPG


めちゃくちゃかわいい出来上がりだったので
テンションがあがり、



早速、線香や蚊取り線香を焚いてみたのですが



お皿の上にそのまま置いて焚くと
どうしても、途中で火が消えてしまうのです(T_T)



そこで、川原さんが使っていらっしゃるものを
再度確認させていただいたところ



20190624550.jpg

なるほど~
この上で焚いていらっしゃったのですね!











これを付属品としてつけようかとも思ったのですが、



お線香専用というよりも(笑)



アロマ的なオシャレな用途としても
ご提案したかったものですから、



どうしようかと困っておりました・・



すると!




IMG_2339.JPG

川原さんが、これらを作ってくださったのです(*^_^*)



20190623-1.png

あまりのかわいさにビックリし、



キャーキャー大騒ぎしたのは
言うまでもありません(笑)













2017777777.png棒タイプのお香を焚く時は・・



IMG_2334.JPG

このように突き刺して焚いていただけます!
(この場合、蓋は閉めずに炊いていただくようになります)



KaoriChan_illust.jpg コーンタイプのお香でしたら
蓋を閉めたまま、きれいに焚けましたよ~♪

私は、お皿のたねまきマークが
汚れたくなかったので、
小皿の上にコーンのお香を置いて焚きましたよ~







2017777777.png蚊取り線香を焚く時は・・



IMG_2328.JPG
IMG_2330.JPG

たねまきロゴが入っている方の
「蚊取り線香置き」に、蚊取り線香を置いて焚くと
きれいに焚けましたよ(*^_^*)♪




注)蓋は閉めない方が、きれいに焚けました!






2017777777.pngお皿の王冠ロゴがススで顔黒になってしまったら・・(笑)



2019062480 (2).JPG

亀の子たわしで、ゴシゴシこすったら
大丈夫でしたよ~(笑)





たわしでゴシゴシ\(◎o◎)/!



という反応の方もいらっしゃるかもしれませんが、



例えば、釉薬がぬってない備前焼などは、
表面がボコボコなので、亀の子たわしで洗っている
くらいですから(笑)大丈夫ですよ!



そして私は、まさに今朝、
サンプルで使っている、この香炉の
たねまきマークが顔黒になっていたので



ゴシゴシこすって乾かして出てきたんですよ^^











ちょっと待ったーーーーー


(製作者 川原さん)





たわしでゴシゴシこするのは正解ですが、
こすりすぎると、釉薬がはげ、
下地が出てくるかもしれません!
なので、控えめにしてくださいよ~~





まぁ・・でも、もしはげてきたら
お預かりして、釉薬をもう一度うすく塗って
二度焼きして差し上げますから~♪


みなさん、末永くご愛用くださいね!







.jpgKaoriChan_illust.jpg

すてき~♡♡


アフターのお手伝いも
引き受けて下さるんですって♡











お買い上げの方にとっては、
一生物になると思いますので^^



使い方のご参考までに~~











この作品についても
かわいいポスターを作っていただきました!
ぜひともクリックしてお読みくださいませ!






\ じゃん! /

14th_item_Miyajima.jpg

▲クリック!





\ 詳細ページも整いました /

宮島焼香炉
















宮島御砂焼とは・・



みなさま、既に
よくよく頭に入っていらっしゃると思いますが、復習です!



広島県廿日市市で焼かれる陶器。
廿日市市は対岸に宮島を望み、
その厳島神社参拝の際の縁起物として焼かれたそうです。


別名を神砂焼(しんしゃやき)、御砂焼(おすなやき)とも呼び、
宮島の砂を粘土に混ぜて焼いている。


これは元々、近郷の賀茂郡の村人らが旅行に出かける際に、
宮島の砂を「お砂守」として拝受し、
無事に帰郷した際には、その砂で土器(お砂焼)を作り、
宮島の神前に供えたという慣習に因んでいる。




20170521 (1).JPG

たねまきがお世話になっている
窯元圭斎窯さんは、



厳島神社御用窯であり
1年に1度、厳島神社御本殿下の神聖な御砂をご祈祷して頂き、
粘土に練り込み制作されています。





一番最初にお世話になったのは、
12周年おまつりのノベルティ箸置きでしたね♪



201906247778.jpg



それからもお陰様で
大変良いお付き合いをさせていただいていて。



素敵な作品をたくさん!
作っていただいております!



恐れ多くも、
オリジナル作品ばかり・・・



126705445.jpg

福袋で当たられたみなさま~!
活躍してますか~??

201812213.jpg
201812211.jpg201812212.jpg

私の一番のお気に入りは このセットです!



「独身時代に食器を集めると、嫁に行き遅れる!?」
本当か、嘘か、わかりませんが。



.jpg

私は20代より陶器が大好きで
セッセッと集め、
恐らく(数えたことはありませんが)100個は余裕で超える数の陶器が
自宅にあると思います(笑)



先程の言葉に納得しつつも、
「行き遅れる」と、「行けない」とでは、
大きく違うなぁ~、と(笑)



さておき!



若い頃よりセッセッと集めた贅沢な1点もの陶器たちを
日常生活でじゃんじゃん使っておりますが



川原さんの焼かれる陶器の使いやすさには
驚きますよ!




201812213.jpg

特に、ファイナル福袋でご案内いたしました
この小皿の使い勝手は抜群ですよ!





289399939.jpg川原さんの陶器は、
少し高めの温度でしっかり焼かれている為
驚くくらい丈夫です。





289399939.jpgそして、この小皿は軽くて、使いやすい大きさで。
普段の食卓から、おもてなし料理、
そして、デザート皿、味見皿としても
ついつい、手に取ってしまいます♪





289399939.jpg丈夫なので、躊躇なく使えるのがいいんですよ!





289399939.jpgそして、この土色&焼き色が
渋すぎず、料理を選ばないんです!
いろいろ助かってますよ~





289399939.jpg薄く釉薬がかかっているので
日常食器として使いやすく、さらに洗いやすいんです!
何となく、乾きも早い気がしております。



川原さん曰く



西条の土と、信楽の土と、宮島(厳島神社)の砂を
もんで作っている土の性質が要因かもしれませんね^^





20190607 (1).JPG
20190607 (2).JPG

この度の大皿についても
予約注文の列に並ぶ気満々です!




289399939.jpgこのお皿2枚セット(5000円)については
7/6~7/8のおまつり期間中、
ご予約を承ります!



このお皿も、14周年記念【限定作品】
となりますので、どうぞお見逃しなく~~










父の日ギフトからはじまり、




恐れ多くも、川原さんは、



たねまきお抱え陶芸家(スイマセン!)
のようになっておりますm(__)mm(__)m





14th_banner_Lunch.jpg

川原さんは現在、



こちらのコラボランチのお皿を
セッセッと製作下さっておりますm(__)m




.jpgKaoriChan_illust.jpg

川原さ~ん!
偉大な陶芸家様を
働かせすぎてしまって、、、ごめんなさい!!!



みなさん、川原さんのお皿を
楽しみに待っていらっしゃいます!!



たくさんありますが、
どうぞ宜しくお願いいたしますm(__)mm(__)m




14Anniversary_Banner_top.jpg

川原さんのお皿の色と、カレー色が
14周年のシンボルのようになっております(笑)





.jpg

今日の日記を書かせていただきながら、
ますます、この香炉が愛おしくなってきました~♪♪



明日の定休日は、
このお香立てでお香を焚きながら、



家事を楽しみたいと思います!



定休日明けの日記ではいよいよ・・・・・♪♪




14Anniversary_Banner_RaPPELER.jpg

/ こちらの発表です! \





どうぞお楽しみに~♪




それでは!



今日も1日おつかれさまでした!








blog.png
▲クリック







6月24日*本日のハッピーバースデー




本日お誕生日を迎えられたのは
たかひろおじちゃーん!



随分お会いできておりませんが、
お元気でしょうか?



最後にお会いした時は
新婚ホヤホヤで、デレデレでしたね(笑)



奥様のお腹の中に
お子さんがいらっしゃったような・・。



子ども好きで、料理好き!
良い旦那様&お父さんになっていらっしゃる
たかひろ(おじちゃん←笑)を想像してますよ^^



また思い出された時に
のぞいてみてくださいね!!



愛情たっぷりの たかひろおじちゃん。
今日から始まる一年も、大切なご家族にしっかりお祝いしていただき



しっかりパワーチャージをなさってから
また一年楽しみながら頑張ってくださいませ!



お誕生日、かんぱーーーいっ!